ようこそ。ムジカ工房&北村智恵のWebサイトへ。

ムジカ工房は、音楽教育家・北村智恵をサポートする、小さなアトリエです。
北村智恵ピアノ教室、コンサートの自主公演、ピアノ指導者セミナー開催等、行なっています。

最新情報


2017年10月17日(火)ノクターンという名の実験劇場 ~ショパンがノクターンで試みたこと~

毎年、ショパンの命日に行われる日本ショパン協会関西支部の研究会(公開講座)です。
会員でない方も受講できます。
ぜひお越しください。

171017.jpg

北村智恵 公開講座

ノクターンという名の実験劇場
~ ショパンがノクターンで試みたこと ~

日 時: 2017年1017日(火)18:30~20:30

会 場: カワイ梅田コンサートサロン"ジュエ"(大阪駅前第3ビル1F)
     大阪市北区梅田1-1-3 TEL 06-6345-8300

受講料: ■ショパン協会会員 無料
     ■一般 2000円
     ■学生 1000円

   
お申込み・お問い合わせ
日本ショパン協会関西支部事務局 (株)河合楽器製作所 関西支社内
   TEL 06-6262-2130 FAX 06-6271-5310   
        メール chopin-kansai@kawai.co.jp
   ホームページ http://chopin-kansai.com/


[メッセージ]
 ショパンが生きた年代は、「ピアノ」という楽器が飛躍的な発展を遂げた時代でした。彼は生涯、その「ピアノ」に特化して多くの作品を書き続けましたが、とりわけ「ノクターン」は、「マズルカ」と並んでその作曲内容においても、楽器の生かし方──ピアニズムにおいても、また表現スタイルにおいても、最も独自性(=彼にとっての"芸術性")を開拓することのできたジャンルでした。それは彼の、作品の出版の仕方にも表れています。「民族的なもの」から離れたところで彼が真に「芸術家」たらんとして生きたその証しとしての「ノクターン」を、彼の手紙や作品内容の変遷から読み解きたいと思います。
(北村智恵)



1ページ表示
2017年7月16日(日) 第45回リトルピアニストのつどい
170716tsudoi tirashi for web.jpg

第45回リトルピアニストのつどい
つどいの部テーマ「絵で聴く 音で見る」
     ~くるみ割り人形&ピーターと狼~

日時:2017年7月16日(日)13:30開演(13:00開場)
   13:30~第1部 独奏の部 ピアノ・ソロ
   14:45~第2部 つどいの部 「絵で聴く 音で見る」
              ~くるみ割り人形&ピーターと狼~

会場:高槻市立生涯学習センター2Fホール
入場無料
主催:睦会/ムジカ工房
問合:ムジカ工房 TEL 072-689-0727

■北村智恵ピアノ教室の生徒たち(四歳の子どもから成人まで)の
発表会にあたる「リトルピアニストのつどい」

♪みなさまのご来場をお待ちしております



1ページ表示
「インヴェンションとシンフォニア全曲講座」第1回~第8回までの日程が決まりました

「インヴェンションとシンフォニア全曲講座」
 第1回~第8回までの日程が下記のように決まりました

 第1回   5月19日  
 第2回   6月16日
 第3回   7月28日 (8月はお休み) 
 第4回   9月22日
 第5回 10月20日
 第6回 11月24日
 第7回 12月22日 
 第8回 2018年1月26日 

 以下未定 

 お問い合わせいただいた方がた、お待たせし申しわけございませんでした。
 たくさんの方のお申し込みをお待ちしております。



1ページ表示
2017年5月19日(金)開講 インヴェンションとシンフォニア全曲連続講座 北村智恵 バッハが得意になる講座「バッハへの道」
バッハ連続講座チラシ表web.jpg

バッハ連続講座チラシ裏グレーweb.jpg

 

北村智恵 バッハが得意になる講座 「バッハへの道」
インヴェンションとシンフォニア全曲講座 全19回 

2017年5月19日(金)開講
月1回 第3または第4金曜日 10:30 - 12:30
2018年12月 修了 予定 (全19回)

日 程: 5月19日  6月16日 7月28日 (8月はお休み) 9月22日
     10月20日 11月24日 12月22日 2018年1月26日 以下未定

会 場: カワイ梅田コンサートサロン"ジュエ"(大阪駅前第3ビル1F)
     大阪市北区梅田1-1-3 TEL 06-6345-8300

受講料: ■分納 (4講座)16,000円×4回  (第17回~19回 3講座)8,000円
     ■全納の場合 (19講座)70,000円
     (北村智恵編纂 自主教材の楽譜代を含む)
テキスト:J.S.Bach  インヴェンションとシンフォニア(ヘンレ原典版)
募集定員:50名(先着順)
   
お申込み・お問い合わせ
●ムジカ工房 TEL 072-689-0727 info@musicakobo.com
●カワイ梅田 TEL 06-6345-8300

主催:ムジカ工房/後援:ちえの輪倶楽部/協力:カワイ梅田

[メッセージ]

「インヴェンションとシンフォニア」で何を学ぶのか――
     それは、「バッハは自由で楽しい」ということです!

 ピアノ学習者にとっては、ポリフォニーの演奏技術の習得は不可欠なものです。そのポリフォニー学習のもっともアカデミックなものとして、日本では昔から、J.S.バッハの2声インヴェンションや3声シンフォニアがレッスンの定番とされています。ピアノの先生の中でこれらを弾いたことがない、習ったことがないという方は皆無に近いと思いますが、その中の多くの方がたから「バッハは苦手」「インヴェンションは楽しくなかった」「よく解らないまま何となく弾いて通り過ぎたので自分の生徒に教える自信がない」とよく聞きます。原因は明確です。その方がたのほとんどは、「インヴェンション」自体がポリフォニーの導入教材とされてきて、その準備教育を受けてこなかったか、もしくは「インヴェンション」の目的を果たすレッスンに出会って来なかったからだと思います。

 この連続セミナー「バッハへの道」では、「インヴェンションとシンフォニア」に託されたバッハの教育的意図を明確にすること、および、その目的のための、計画的な指導の具体例をお伝えし、また何より「バッハ大好き先生」「バッハ大好き生徒」が一人でも多く生まれるための「本当は楽しいインヴェンションとシンフォニア」という道のりを、みなさんと一緒に歩みたいと思います。

 バッハ自筆の序文にある"Inventiones"(作曲上のアイデア)と"Cantabile"(歌わせること)という2つのキーワードが、30曲それぞれでどのように音楽として実現されているのか検証し、バッハの仕組んだテーマのパズルやフレージングを丁寧に読み解いて、練習の仕方を生徒が自分で考えられるように指導できる力を、この機会にぜひつけていきましょう。こんなに自由でスリリングなことが、楽しくないはずはないのですから。
(北村智恵)



1ページ表示
2017年2月17日(金) 北村智恵のちょっとクラシック vol.8
classic_08web.jpg
ムジカ工房レクチャーコンサートシリーズ「北村智恵のちょっとクラシック」

vol.8 ショパンの実像④
「ノクターンは モノ・オペラ」 
日時:2017年2月17日(金)18:45開演(18:15開場)

会場:カワイ梅田コンサートサロン"ジュエ"(大阪駅前第3ビル1F)
料金:前売4,000円/当日4,500円
主催:ムジカ工房/後援:ちえの輪倶楽部/協賛:カワイ梅田
チケット取扱い:
●ムジカ工房 TEL 072-689-0727 info@musicakobo.com
●カワイ梅田 TEL 06-6345-8300

[出演]
北村智恵(講師)
林佳勲(ピアノ)

[プログラム]
ショパン ノクターン
 変ロ短調 Op.9-1   へ長調 Op.15-1   ト短調 Op.15-3 
 嬰ハ短調 Op.27-1  変二長調 Op.27-2  ロ長調 Op.32-1
 ト長調 Op.37-2   ハ短調 Op.48-1   変ホ長調 Op.55-2
 ホ長調 Op.62-2 

[メッセージ]
 ショパンは、ワルシャワ時代に書いたホ短調の遺作を含め、彼自身が「ノクターン」と名付けた作品を20曲も書き残しています。その内の18曲が生前出版されています。ショパンにとっての「ノクターン」とは、17歳のときに初めて作曲したものから晩年に至るまで長年に亘って、マズルカやポロネーズ等、祖国ポーランドへの愛国心や郷愁から書き続けた民族的な作品とは別世界の、ショパン自身が自由に、しかも独自性を追求し続けたジャンルと言えるでしょう。それは、当時、産業革命を背景に飛躍的な発達を遂げた「ピアノ」という楽器の可能性──その表現力を、最大限に追求し尽くすほどの、作曲技法への試みであり、演奏技術への開拓だったとも言えます。

 彼にとっての理想の音楽は「オペラ」でした。それでも彼はオペラを1曲も作曲していません。彼にとっては、生まれ育ったポーランドの母国語も、人生の半分をパリで過ごしたフランス語も、いえ如何なる国の言葉でも、その言語を理解できる人達にしか通用しない(理解されない)ような音楽を「出版」したくなかったからです。当時トレンディだった「標題」を、彼は自分のピアノ作品に一切用いなかったこと、そして、ポーランドの詩人との友情や亡命ポーランド人の集会等のために19曲もポーランド語の歌曲を作曲していながらそれらを一切出版しなかったことからも、それは推察されることです。

 ショパンはピアノという楽器に、「歌うこと」と「語ること」を託したのです。長年に亘って、それらを追求し、作品として完成させ(自信を持って)出版し続けた「ノクターン」のあり方がそのことを物語っています。独唱あり、重唱あり、合唱あり、主役のアリア(歌謡性のある歌)あり、レシタティーヴ(セリフや話し言葉のような語り口調)あり、場面転換あり......ショパンの「ノクターン」は、まさに、ピアノで演奏する一人オペラ、モノ・オペラと言えるでしょう。そのことを実感して頂けるレクチャー・コンサートと致します。

 演奏は、ショパン生誕二百年記念に、ナショナル・エディション(原典版)に基き「ノクターン全集」をリリースされ、繊細かつドラマティックなショパン演奏で定評のあるリン・ジャシュン氏にお願いしています。

 最後の回が、2月という寒い季節になってしまいましたが、どうぞひとしずくのショパンで心を暖めにいらして下さい。心からお待ちしています。



1ページ表示
✐2017年1月24日 3月28日(広島)「ピアノを教える人に」

DSC_1094-1.jpg北村智恵先生を広島にお招きしての
ピアノ指導者のための連続講座です。

Tchaikovsky2.jpg今回は、チャイコフスキーの「こどものための
アルバム」を2回にわたって取り上げていただきます。
各曲の演奏を通して、ロシアの舞曲や文化を
教えていただきます。



午後からの講座では、北村智恵先生の
長年の指導から生まれたテキスト「ピーターラビットと
学ぶはじめてのピアノ教本」を使って、導入期の指導で
大切にしたいことやポイントを様ざまな角度から掘り下
げていただきます。
この本を使っている方はもちろん、他の教本にも応用できる
生徒の落ちこぼしをなくす、レッスンの本質に迫る講座です。

chie's_method_1web.jpg
chie's_method_2web.jpgchie's_method_3web.jpg


 

 

チャイコフスキーを弾こう ─ロシア音楽に触れる
2017年01月24日(火) 10:00-12:00
2017年03月28日(火) 10:00-12:00
テキスト:「こどものためのアルバムop.39」(全音)

導入期の指導 ─本当に大切なこと
2017年01月24日(火) 12:30-14:30
2017年03月28日(火) 12:30-14:30
テキスト:「ピーターラビットと学ぶはじめてのピアノ教本」
     1~3巻(出版社:パナムジカ)

講師:北村智恵DSC_0990.JPG
会場:JMSアステールプラザ 5階 中音楽室 
受講料: 一般  1講座 3,500円
    (3講座以上 1講座につき2500円加算) 
    ちえの輪倶楽部会員 1講座 3,500円
    (3講座以上 1講座につき2000円加算) 

主催:ちえの輪倶楽部・広島
申込:お電話またはFAXでお申込みください
   TEL & FAX 082-289-7933(水本)
         082-274-7289(今井)Hiroshima_17-01.jpg
 




1ページ表示
2016年11月18日(金) 北村智恵のちょっとクラシック vol.7
161118.jpg
ムジカ工房レクチャーコンサートシリーズ「北村智恵のちょっとクラシック」

vol.7 みんな3拍子 何が違うの?

日時:2016年11月18日(金)18:45開演(18:15開場)
会場:カワイ梅田コンサートサロン"ジュエ"(大阪駅前第3ビル1F)
料金:前売4,000円/当日4,500円
主催:ムジカ工房/後援:ちえの輪倶楽部/協賛:カワイ梅田
チケット取扱い:
●ムジカ工房 TEL 072-689-0727 info@musicakobo.com
●カワイ梅田 TEL 06-6345-8300

[出演]
北村智恵(講師)
清水道代(ピアノ)北聖子(ピアノ)

[プログラム]
フレスコバルディ :コレンテ
コレルリ     :サラバンド
J.S.バッハ    :パスピエ / クーラント
ヘンデル     :シャコンヌ
A.モーツァルト  :ドイツ舞曲K.V.605-3
シューベルト   :ワルツop.18-5・6 / レントラーop.67-7・11
X.モーツァルト  :舞踏会のポロネーズop.26
クララ・シューマン:ボレロ風カプリスop.5-2
ウェーバー    :アルマンドop.4-1 / 舞踏への勧誘
グリンカ     :マズルカ ヘ長調   他

[メッセージ]
今回は「みんな3拍子 何が違うの?」と題して、
17世紀から19世紀までの3拍子の曲ばかりたくさんお聴きいただきます。よく耳にされる舞曲名でありながら、その多くはそれぞれの特徴が明確には把握されていなかったり、また、よく知られている舞曲名でも、実は時代により、異なる舞曲をさすものがあるということなど、一般の方がたはもとより、ピアノの先生等専門家の方がたにもあまり知られていないと思われるものがあるのも事実です。舞曲とは、それほど「奥の深いもの」と言えるのかも知れません。
西洋音楽においては「宗教曲」と並んで、「舞曲」もまた、各国の人々の暮らしや時代背景と結びついた独自の文化の象徴、つまり何よりの「文化遺産」でもあり、どの時代の作曲家達も、やはり、自分の作品として取り入れざるを得ないジャンルだったと言えそうです。アルマンド、メヌエット、クーラント、コレンテ、サラバンド、シャコンヌ、レントラー、ワルツ、ドイツ舞曲、ポロネーズ、マズルカ、ボレロ、等々、その違いを味わっていただくことにより、時には優雅に、時には激しく──秋の夕べのひととき、都会の喧騒を忘れて、各時代の作曲家たちが好んで書いた3拍子の舞曲の数かずを、ご一緒にお楽しみにいただければ幸いに存じます。
ご来場をお待ちしています。

次回のお知らせ
[金曜18:45~ カワイ梅田にて]
vol.8 2017年2月17日  「ショパンの実像④ ノクターンはモノ・オペラ」



1ページ表示
2016年10月17日(月) 北村智恵公開講座 ロマン派の異邦人 ~日本ショパン協会関西支部 研究会
日本ショパン協会 関西支部 研究会 北村智恵公開講座
ロマン派の異邦人 ~ ショパンが目指したもの

日時:2016年10月17日(月)18:30~20:30
会場:カワイ梅田コンサートサロン"ジュエ"
(大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル1F)
受講料:ショパン協会会員 無料 /一般 2,000円 /学生 1,000円

お問合せ・お申込み先:
日本ショパン協会関西支部事務局
㈱ 河合楽器製作所 関西支部  
TEL : 06-6262-2130
FAX : 06-6271-5310
メール chopin-kansai@kawai.co.jp

[講師]
北村智恵

[内容]
 F.ショパンは二十歳でワルシャワを後にし、三十九歳という若すぎる死を迎えるまで、二度と祖国の地を踏むことなく、パリという異国で「異邦人」として生涯を送りました。
 また、メンデルスゾーンやシューマン、リスト等、同時代に活躍した他の作曲家達とは全く異なる生き方、異なる創作活動をし、いわば19世紀「ロマン派」というくくりの中でも「異邦人」だったわけです。
 二重に異邦人としての人生を貫き通して生きたショパンが、音楽家として何を目指し、芸術家としてどう生きたのか、ということを、彼の「作品」の有り様(よう)と「出版」の仕方から分析し、ショパンの実像に迫ります。



1ページ表示
2016年10月16日(日) 第44回リトルピアニストのつどい
161016.jpg
第44回リトルピアニストのつどい
つどいの部テーマ「ピアノ+1」―ピアノ ぷらす ワン―

日時:2016年10月16日(日)14:00開演(13:30開場)
   14:00~第1部 独奏の部 ピアノ・ソロ
   15:15~第2部 つどいの部 「ピアノ+1」(ピアノ ぷらす ワン)
会場:高槻市立生涯学習センター2Fホール
入場無料
主催:睦会/ムジカ工房
問合:ムジカ工房 TEL 072-689-0727

■北村智恵ピアノ教室の生徒たち(五歳の子どもから成人まで)の
発表会にあたる「リトルピアニストのつどい」

第2部「つどいの部」では、生徒たちが、
自分(ピアノ)以外の人と「息(呼吸)」を合わせて
演奏します。
ピアノ+フルート, ピアノ+チェロ, ピアノ+合唱,
ピアノ+劇, ピアノ+フルート+チェロ, など
どうぞお楽しみに♪



1ページ表示
新刊!北村智恵 著 エッセイ『各駅停車の音楽人』(芸術現代社)

新刊! 北村智恵 著 エッセイ『各駅停車の音楽人』 (芸術現代社)発売中

書籍「各駅停車の音楽人」表紙画像.jpg

待望の一冊、ついに発売!「子どもの眼の高さで歌おう」から三十余年。変わることなく、音楽を通して子ども、障がい児・者、高齢者等、社会的弱者に寄り添う日々の中で書かれ、三十数年来、友人・知人に送り続けられている私通信〈ムジカ工房通信〉に掲載されたエッセイから42編を選んで書籍化!

感性豊かな一人の「音楽人」が、日々丁寧に歩み、立ち止まり、ありふれた光景や何気ない出来事の中に見出したものを 平易な言葉とリズムある文体で書き記したエッセイ集。「日常の隙間」から、社会に対する鋭い視点と人へのやさしいまなざしで捉えた、音楽と教育、人間と社会についての「希望」の書である。(音楽評論家/日下部吉彦)


「ムジカ工房通信」読者・NHK「ないとエッセイ」のファンの方がたの声から
一冊の本が誕生しました

♪私は「通信」22号で北村智恵さんのエッセイに出会い、以降全部大切に保管しています。毎号感動するので、それ以前のものも併せて一冊の本にならないかなぁと思っています。
♪きたむらちえさんが話されるNHKラジオ深夜便「ないとエッセイ」のファンの一人です。耳から聴いて共感したり感動したりするお話が本になれば、手元に残せて他の人にも伝えられるのに、と思うのですが・・・。
♪生きることに誠実、本ものを求める感性の鋭さ、優しさ、人を包み込むまなざしは、まさに、「各駅停車の音楽人=北村智恵さん」ということなんですね。
♪十年以上前から「ムジカ工房通信」を送って頂いています。毎回、音楽のことだけでなく、教育・社会・人としての生き方、珍しいお話など、様ざまなジャンルにわたって、感動したり、共感したり、学ばされたりしています。

取扱い:ムジカ工房
    TEL / 072(689)0727  FAX / 072(689)0314
    MAIL / info@musicakobo.com

発行 :芸術現代社



1ページ表示
2016年10月04日(香川) 連続講座「ピアノを教える人に」基礎編
北村智恵ピアノセミナー 
連続講座『ピアノを教える人に』・基礎編

161004.jpg

日時:2016年10月4日(火) 
   午前の部10:00-12:00/午後の部12:30-14:30
講座:午前の部/はじめてのショパン
   テキスト/「ショパンへの道」 ─ 憧れのショパンに近づくために(初級~中級)
        (音楽之友社)
   午後の部/導入期の指導 「わかる」喜び「弾ける」喜び
   テキスト/「ピーターラビットと学ぶはじめてのピアノ教本」 1~3巻
        (パナムジカ)

会場:ユープラザうたづ リハーサル室
受講料:1講座3,500円/2講座6,500円
    (ちえの輪倶楽部会員 2講座6,000円)

[講師]北村智恵

申込・問合:ちえの輪倶楽部 TEL 0774-86-2370(はなだ)  
               MAIL   chienowaclub@mac.com




1ページ表示
2016年9月2日(金) 北村智恵のちょっとクラシック vol.6
160902.jpg
ムジカ工房レクチャーコンサートシリーズ「北村智恵のちょっとクラシック」
vol.6 ショパンの実像③ コンサート嫌いのショパン

日時:2016年9月2日(金)18:45開演(18:15開場)
会場:カワイ梅田コンサートサロン"ジュエ"(大阪駅前第3ビル1F)
料金:前売4,000円/当日4,500円
主催:ムジカ工房/後援:ちえの輪倶楽部/協賛:カワイ梅田
チケット取扱い:
●ムジカ工房 TEL 072-689-0727 info@musicakobo.com
●カワイ梅田 TEL 06-6345-8300

[出演]
北村智恵(講師)
林佳勲(ピアノ)

[プログラム]
ショパン:子守歌     変ニ長調 op.57
     舟歌      嬰へ長調 op.60
     プレリュード  変イ長調 op.28-17
     マズルカ    変ロ長調 op.7-1
     ワルツ     変ニ長調 op.64-1
             嬰ハ短調 op.64-2
     ノクターン   変ニ長調 op.27-2
     エチュード   変イ長調 op.25-1
             ヘ短調   op.25-2

[金曜18:45~ カワイ梅田にて]
vol.7 2016年11月18日  「みんな3拍子 何が違うの?」
vol.8 2017年2月17日  「ショパンの実像④ ノクターンはモノ・オペラ



1ページ表示
2016年8月21日(日) 第12回希望コンサート「みんなの音楽」

160821.jpg

第12回希望コンサート「みんなの音楽」ファイナル コンサート

日時:2016年8月21日(日)14:00開演 (13:30開場)
会場:高槻現代劇場中ホール
(高槻市野見町2-33)
入場無料・要整理券
主催:ムジカ工房
問合:ムジカ工房 TEL 072-689-0727 info@musicakobo.com

音楽にできること
[出演]
北村智恵(司会)
日下部吉彦(コメンテーター)
出演者:音楽を通して、瑞々しいもの、美しいもの、暖かいもの、等
    さまざまな発信を送って下さる演奏者・演奏家

音と心のクヮルテット、その限りなき豊かさ・・・
    マイ・ハート弦楽四重奏団
祈りを込めて、小さなハーモニカの大きな世界
    和谷泰扶  和谷麻里子(pf)
明日を歌う──愛と平和、いのち紡ぐうた
    女声合唱 レガーテ (指揮)山本恵造
日本の伝統芸能「浄瑠璃」を身近に
    常磐津都㐂蔵 社中
二人でピアノ・四手でクラシックの名曲を
    デュオ「トロイメライ」


[プログラム]
決まり次第掲載

■このコンサートは、「みんなの音楽 サポーター会」の会費にて運営していますので入場無料です。会費の残金(コンサート開催費用を除く全額)は東日本大震災被災遺児への義援金となります。
今回の第12回希望コンサート「みんなの音楽」で、最終回です。
ぜひご来場ください。



1ページ表示
2016年07月26日・09月27日(広島)ハノン120%活用術

160621.jpg

日時:2016年07月26日(火) 13:30-15:30
   2016年09月27日(火) 13:30-15:30
講座: 具体的な技術指導 ~ハノン120%活用術
     7/26 前編 9/27 後編 
     テキスト:「北村智恵のハノン120%活用術」(レッスンの友社)
     長年惰性で使われてきた「ハノン」を、本当の技術をつけるための教材として
     どのようにレッスンするのか、楽しく具体的な指導法についての講座です。

会場:カワイ広島 コンサートサロン"パーチェ"
料金: 一般  1講座 3,500円 

主催:ちえの輪倶楽部・広島
申込:TEL & FAX 082-289-7933(水本) 082-274-7289(今井) 

[講師]北村智恵



1ページ表示
2016年7月8日・9月9日・11月11日・2017年1月13日(奈良)「バッハシンフォニア全曲」&「ピアノを弾く人のための正しい奏法」講座
①「北村智恵先生のバッハシンフォニア全曲8回講座」(1~4回)
②「ピアノを弾く人のための正しい奏法」(4回シリーズ)

日時:第1回 2016年7月8日(金)
   第2回 2016年9月9日(金)
   第3回 2016年11月11日(金)
   第4回 2017年1月13日(金)
   いずれも①10:00~12:00  ②12:30~14:00

講座:①バッハシンフォニア全曲講座(午前)
    これまで教えていただいた「2声インヴェンション」が好評のためひきつづき
    「シンフォニア」全曲を8回にわたって学びます。
    まずは、4回目までのご案内です。
    第1回 7/8   「シンフォニア概論」・no.5
    第2回 9/9    no.15  no.1
    第3回 11/11 no.6  no.4
    第4回 1/13   no.13  no.11
   〔テキスト〕「インヴェンションとシンフォニア」(ヘンレ原典版)

   ②「ピアノを弾く人のための正しい奏法」(午後)
    体に負担のない奏法=美しい音が出る奏法。
    指導者自身の演奏にも、レッスンでも、どんな曲にも通用する奏法を
    4回にわたって、具体的に、わかりやすく学ぶセミナーです
   〔テキスト〕「ピアニストの筋肉と奏法」マリナ・フェレイラ著(音楽之友社)
         「北村智恵のハノン120%活用術」(レッスンの友社)

会場:ぽこあぽこスタジオ
   
(奈良市大宮町5-3-20)
主催:ぽこあぽこピアノ教室(担当:中西)
問合:TEL 090-1592-0390  FAX 0742-33-1613
   E-mail mail@pocoapoco-piano.com



1ページ表示
2016年06月21日・11月22日(広島)連続講座「ピアノを教える人に」
160621.jpg
北村智恵ピアノセミナー 連続講座「ピアノを教える人に」

日時:2016年06月21日(火) ①10:00-12:00 ②12:30-14:30
   2016年11月22日(火) ①10:00-12:00 ②12:30-14:30
講座: ①シューマンを弾こう ──ロマン派に出会う (10:00-12:00) 
     6/21 前編 11/22 後編 
     テキスト:「子どもの情景op.15・子どものためのアルバムop.68」
          (ヘンレ社)
          「シューマン集5」(春秋社)  
    ②第2部  導入期の指導 ──本当に大切なこと (12:30-14:30)
     6/21 前編 11/22 後編 
     テキスト:「ピーターラビットと学ぶはじめてのピアノ教本」1~3巻
          (パナムジカ)
会場:JMSアステールプラザ 5F 中音楽室
料金: 一般  1講座 3,500円   (3講座以上 1講座につき3000円加算)
    ちえの輪倶楽部会員   1講座 3,500円  (3講座以上 1講座2500円加算)
    (全4講座より ご自由に選択してください)

主催:ちえの輪倶楽部・広島
申込:TEL & FAX 082-289-7933(水本) 082-274-7289(今井) 

[講師]北村智恵



1ページ表示
2016年04月19日・07月26日・09月27日(広島)はじめてのショパン
160419.jpg
カワイ広島主催 北村智恵ピアノセミナー
はじめてのショパン ─ レッスンでの導入ABC ─ (全3回シリーズ)

日時・内容:
   2016年4月19日(火)10:30-12:30
      「マズルカ・ポロネーズなど ポーランドの民族リズムを学ぶ」
   2016年7月26日(火)10:30-12:30
      「導入期から学ぶショパンの音とショパンのピアニズム」
   2016年9月27日(火)10:30-12:30
      「ショパンが求めたもの─ショパンの実像」
    
会場:カワイ広島 コンサートサロン"パーチェ"
各受講料:一般 2,500円
     会員 2,000円(カワイ講師・音研会・ピティナ・ショップ会員)
テキスト:「ショパンへの道」 ─憧れのショパンに近づくために(初級~中級)
     北村智恵 監修・校訂 (音楽之友社)
     (参考図書:「ムジカノーヴァ」'15年11月号
       ~「ショパンのこだわりに気づかせましょう」(北村智恵))
問合:カワイ広島
   TEL 082-243-9291(10:00-19:00 月曜定休 但し祝日は営業)



1ページ表示


MENU

ページのトップへ戻る