ようこそ。ムジカ工房&北村智恵のWebサイトへ。

ムジカ工房は、音楽教育家・北村智恵をサポートする、小さなアトリエです。
北村智恵ピアノ教室、コンサートの自主公演、ピアノ指導者セミナー開催等、行なっています。

北村智恵


プロフィール

(北村智恵)
音楽学・音楽教育家。
ピアノ指導、楽譜の監修・校訂、作・編曲、CDの楽曲解説やコンサートのプログラムノート・新聞・ 音楽雑誌への執筆等、長年に及ぶ。相愛大学「ピアノ教授法」・「音楽学演習」講師。
朝日カルチャーをはじめ、全国各地でピアノ指導者のための講座・公開レッスンの講師をつとめる一方、 学校関係や、教育セミナーの講演も多い。
日頃クラシック音楽に疎遠な人たちのためのコンサートを企画しコメンテーターとして、クラシック音楽 の普及に尽力、94年より毎年、大阪府文化振興財団(現・大阪府立文化情報センター音楽情報サロン)主催の「セミナー・コンサート」の講師を9年間つとめ、また「阪神大震災救援コンサート」のチャリティー 活動も10年間続けた。
97年地域における福祉・文化活動への功労として『ライオンズクラブ高槻基金』を受賞。時折出演しているNHK 「ラジオ深夜便 ないとエッセー」においても音楽と社会の接点を語り広く共感を得ている。
専門のショパン研究においては、2003年よりショパン作品全曲レクチャーコンサート・シリーズ 「ショパンへの道」を企画し講師をつとめ、好評を博している。
音楽教育図書、ピアノ曲集など著書多数。なかでも、「シルバーエイジの今からピアニスト」は、 日本で初めての高齢者を対象にしたピアノ教則本として、各方面から大きな反響をうけ、その指導内容や発表会の模様が、NHKのテレビ番組「にんげんドキュメント」として放映され、全国及び世界各地から 大きな話題を呼んで何度も再放送された。また、04年に出版された「ピーターラビットピアノの本」は、その指導上の工夫や画期的な内容が専門家の間で高く評価されており、14年4月に、内容をより充実させ新たな装丁でリニューアルされた新訂版「ピーターラビットと学ぶはじめてのピアノ教本」(全3巻)として、㈱パナムジカより出版されている。


1ページ表示
著書
書籍
  • 「こどもの眼の高さで歌おう」(芸術現代社)※全国学校図書館協議会推薦図書
  • 「風の声を聴く子どもたち」(芸術現代社)
  • 「心を紡ぐ」(ショパン社/ハンナ)

楽譜
  • 「おとなのための楽々楽典」(ヤマハミュージックメディア)
  • 「わくわくおんがくワーク」(ショパン社/ハンナ)
  • 「ルンルン楽典ドリル」(音楽之友社)  
  • 「ピアノ・パートナー 耳を育てる連弾メソード」(1)(2)(3)(全音楽譜出版社)
  • 「シルバーエイジの今からピアニスト」(音楽之友社)
  • 「ミドルエイジの今からピアニスト」(音楽之友社)
  • 「ピーターラビット ピアノの本」(1)(2)(3)(全音楽譜出版社)
  • 「午前10時のピアノ」vol.1、vol.2、vol.3(音楽之友社)
  • 「ショパンへの道」(音楽之友社)
  • 「ピアノ・パートナー 5才から100歳までの連弾曲集」(全音楽譜出版社)
  • 「ブルクミュラー 25の練習曲op.100 」(全音楽譜出版社)
  • 「ブルクミュラー18の練習曲op.109 」(全音楽譜出版社)
  • 「ハノン120%活用術」上下巻(レッスンの友社)
  • 「こどものためのピアノ曲集 こどもの城」(全音楽譜出版社)
  • 「こどものためのピアノ曲集 ピアノの旅」(全音楽譜出版社)
  • 「ピアノ絵本館シリーズ ピーターと狼」(全音楽譜出版社)
  • 「ピアノ絵本館シリーズ ピーターと狼/連弾編」(全音楽譜出版社)

雑誌掲載
  • 音楽雑誌「ショパン」連載 『ディア・リトル・ピアニスト』/『日常の隙間から』
  • 音楽雑誌「ムジカノーヴァ」連載 『しなやかに明日』/『子ども音楽辞典』/『バッハへの道』
  • 音楽雑誌「レッスンの友」連載 『ハノン120%活用術』/『ショパンの実像』

連載以外にも特集記事ほか、多数執筆。



1ページ表示


MENU

ページのトップへ戻る