ようこそ。ムジカ工房&北村智恵のWebサイトへ。

ムジカ工房は、音楽教育家・北村智恵をサポートする、小さなアトリエです。
北村智恵ピアノ教室、コンサートの自主公演、ピアノ指導者セミナー開催等、行なっています。

北村智恵メソッド

北村智恵ピアノメソッドとは

 ピアノ教師の眼で、「子ども」や「社会」「音楽教育」について感じ、考え、見た、感動の実践記録『子どもの眼の高さで歌おう』は、出版から30年経った今もロングセラーを続け、ピアノ指導者たちのバイブルとなっています。その著者である北村智恵が、40数年に亘り子どもたちを指導してきた経験と長年の教材研究に基き、作曲・監修したピアノテキスト――それが「北村智恵ピアノメソッド」シリーズです。

 その第1弾『ピーターラビットと学ぶ はじめてのピアノ教本』(全3巻)は、初めてピアノを習う子どもたちが、体験を通して楽典を学ぶメソッド(導入書)です。子どもにとって難しい点、つまづきやすい点を、子どもの特性を生かして無理なくクリアできるように構成されています。このテキストを使うことで、すべての子どもたちが楽しみながら、テクニックと表現を身につけることができるでしょう。
 また、指導のポイントやヒントがテキストの随所にちりばめられ、指導技術の向上にも役立つという、ピアノ指導者の視点で書かれた今までにないメソッドです。
 

 心で感じたり想ったりしたことを音で表現すること、その基本と習慣は習い初めのときにこそ身につけるべきであり、練習やレッスンは常に「イメージを音で表現する行為」の連続でなければならない―ー「初めから音楽する」ことを目的にしたこのテキストは、「音楽とは音で何かを表現する」ことを習い始めのときに身につけられるように、さまざまな工夫がされています。その1つが、イギリスの児童文学「ピーターラビット」シリーズの絵です。各ページに添えられた絵がそれぞれの曲の内容や奏法をイメージさせ、絵本の中の各場面に子どもたちを誘ってくれます。
 3巻を終える頃には、ブルクミュラー25の練習曲などのエチュードに余裕を持って入ることのできる、表現力、テクニックが身につきます。





MENU

ページのトップへ戻る