ようこそ。ムジカ工房&北村智恵のWebサイトへ。

ムジカ工房は、音楽教育家・北村智恵をサポートする、小さなアトリエです。
北村智恵ピアノ教室、コンサートの自主公演、ピアノ指導者セミナー開催等、行なっています。

各駅停車の音楽人

知らない人が知らない人達を連れてきた話

著・北村智恵(2014年8月発行「ムジカ工房通信」80号より転載)

 ムジカ工房通信は、私の仕事上お付き合いのある方々からプライベートな友人達まで、国内はもとより、海外のいろんな国へも郵送している。外国に住むことになった教え子や長年の友人、外国で出会い親しくなった日本人、かつて日本に留学していた外国人留学生の帰国先、等々、――イギリス、フランス、ドイツ、ベルギー、オーストリア、ポーランド、上海、アメリカ......等、二十数通の外国便を毎回郵送している。中でも一番多いのはポーランドで、ポーランド人、日本人、合わせて数通送っているが、そのほとんどがショパン繋がり、もしくは音楽繋がりの友人である。だが、中にはそうではない、四半世紀付き合っているポーランド人や、二十年来の日本人の友人もいる。その内の一人、AKIKOさんはワルシャワのような都会ではなく、古都クラクフから車で何時間もかかる田舎ハルクローヴァの、山の中にあるペンションのオーナーである。二十年前、ワルシャワに住んでいた日本人ピアニストの紹介でそのペンションに泊まりに行ったことがあり、初対面のその日から、私達は長年の友達のように親しくなった。つい最近、「こんな所に日本人」という日本のテレビ番組で、彼女の生き方が紹介され多くの人にも知られているそうだが、日本で結婚・離婚後、三人の子どもを預けて単身、ステンド・グラスの勉強をしにポーランドへ渡り、その後、ポーランドの大自然に魅せられて、軍用ジープがやっと通れるような道なき道に、文字通り自分の手で道をつけ、その先にある山の中の土地を開拓し、その地名を「Ariake」という日本名の住所にしたという驚くような日本人女性である。そう聞くと豪快で大胆な女性のように思われがちだが、実はとても繊細で純粋で、心豊かな愛らしい人である。私が泊まりに行ったとき、アウシュヴィッツへも足を伸ばしたいと言ったら、まだ学生だった彼女の子ども達二人が私を案内してくれた。その内の一人が、その後、仕事上の研修で来日(帰国?)したとき、彼の友人と共に我が家に二~三泊したことがあり、私は息子が泊まりに来たように思えるほど嬉しかった。子ども達も立派に成人して結婚し、今は次女一家も一緒に住んで彼女のペンションを手伝っているようである。私は年四回ずっとこの通信を送り続け、彼女は時折、手紙やメールを送ってくれている。

 七月末、次のようなメールが届いた。

 「久しぶりに通信でお写真を拝見し、お元気そうで何よりです。ちっともお変わりにならないですね。この前、ニジーツェ古城をご案内して山を越えていて、〝ああここで智恵さん達とおにぎりを食べたのだっけ〟と思い出しました。あの時は草原で見通しも良かった気がしましたが、今は生い茂って変わっていました。体もお弱いのに、よくこんなところまで来て下さったと改めて有難く思いました。智恵さんのお書きになった文章を読ませてもらい、それが自分の原点に立ち戻る事や、惑わされないで一番大事なことだけを見つめる事や、心が浄められるような気がします。智恵さんも、休むことなく走り続けてこられたように思います。私も色々あったけれど、好きなこと、好きな場所で生きられるということは、本当に有難いことだとこの頃つくづく思います。昨日は孫達三人で5時間もぶっ続けで花壇の草取り、みんなで抜き取った大量の草を堆肥作りの場所まで運んで一段落。バナナと桃とミルクをミキサーで混ぜてシロップを入れ、それで作ったアイスクリームを頂きながら、〝今日はよく働いたねェ〟と満足そうな孫達。おやすみなさいのハグも今日は心持ち長く強かった気がしました。何といっても労働の同志ですからね。夜はついでに抜いたフキタンポポの茎で佃煮も作りました。(これが美味しい!)今朝はユリアが朝からクレープ作り。あまりに美味しいので訊いたら、私のノートにレシピを細かく書いてくれました。そしてヴァイオリンの練習をした後、今日一日中、私と一緒に鶏小屋の掃除を徹底的にやりました。にわとり達のクククという声が、だんだん嬉しそうになって行くのがわかるねと話しました。動物小屋の屋根裏にしまってあるワラを引張り出すのも彼女。ユリアが大きなフォークと格闘しながら下に落としたワラをお母さん、のぶと私が袋に詰め、鶏小屋に予備として置いておくことにしたのです。ワラを敷き置く先から、そこに行ってはつついている鶏たちを見て、ウフフと笑って、〝良かったね!喜んでくれて。あんた達いつも新鮮たまごをありがとうね〟と、たまごがけご飯が大好きなユリアならではの鶏たちへのお礼でした。最後に彼女は大好きなラヴェンダーの花をワラの上に撒き散らします。ハエや蚊が来ないように、そしていい匂いがするように。汚れたスコップや道具を洗い終って、〝本当に毎日いい夏休みだねェ〟と話しました。力仕事が大好きで、その上お料理大好き、9歳のユリア。皆でジャグジーに入って、夕飯の後、大好きなバレエ〝コッペリア〟(コヴェントガーデンの紅カーテンが小さい頃から好きで、それが出てくると、〝コヴェントガーデン!〟と叫ぶ。)いつか一緒に行けるといいなあと思います。今日のことです。毎日毎日たくさんたくさんいいことがあると思います。」

 ここまで読んで私は感動した。何と豊かで贅沢な、幸福な時間の過ごし方――日本の子ども達に知らせたい生き方だと思った。

 さてその先が今回のメインの用事だった。

 「智恵さん、お願いがあります。二人のポーランド人女性音楽家達と会って下さい。細かい事情は別の添付に書きました。彼女達は京都か大阪に二泊、東京に一泊、後は浜松の国際青少年音楽祭に参加します。きっと素晴らしいコンタクトになると思います。凄い女性達です。私が行けなくて残念ですが助けてあげたいのです。よろしくお願いします。」

 ということで添付資料を見ると、四年前、浜松・ワルシャワ姉妹都市締結二〇周年記念交流コンサートがワルシャワで開催されたときに活躍したイザベラ、モニカ両女史率いる合唱団の青少年達が、今回、五年に一度浜松で開催される浜松国際青少年音楽祭に招待されたものの、ワルシャワ市をはじめとする行政の経済的事情から来日不可能となり、代表の女性二名のみ自費で参加するので、日本における宿泊や食事をサポートしてほしいという内容だった。

 私はその二人の女性を全く知らないけれど、AKIKOさんが助けてあげたいと頼んできた人達だから代わりに助けてあげたいと思い、可能な日時を伝えた。実はその添付資料と日本におけるサポートの依頼は、日本に住んでいる彼女の何人かの友人にも一斉メールを送っていたようで、12日の午後私の家で対談やウェルカム・パーティーをした後、その日の夜なら宿泊OKという人が大阪府内に現れた。そうこうしているうちに、もっと驚くような協力者が現れ、私はやはり日頃の生き方、彼女の人間関係の絆の強さを想った。その人は横浜に住んでいる人と後から判ったが、仕事で台湾から帰国された直後、次のようなメールを送信された。

 「アキコさん、ひと肌脱ぎましょう。本来その日は広島から東京へ飛行機で移動する予定でしたが、前日に名古屋に入っておき、レンタカーを使って名古屋空港で彼女達二人をピックアップし、京都の祇園で昼食をアレンジします。その後夕方引き継ぎの方(高槻に住む私のこと)へ御引渡しします。日本に着いてこの暑さの中うろうろするのは暑くて大変でしょうから。」

 結局、その男性は、親切にも盆休みの道路渋停滞の中、二人のポーランド女性を車に乗せて名古屋空港から京都へ向かい、祇園で観光と昼食を兼ねた時を過ごし、私の家でのウェルカム・パーティーにも一緒に参加して下さった。私は私で、巻き寿司や茄子の田楽、かきあげ天ぷら、冷やし素麺など、日本の文化に触れられるような料理を用意したり、私自身の編曲による日本古謡(さくらさくら)をピアノで聴いてもらったりして、ポーランドから来日した二人の女性音楽家に喜んでもらうことができたと思うが、「ショパン」という共通のキーワードから、お互いの思いを伝え合うことはできたと思うし、それよりも何よりも、ポーランドの片田舎に共通の友人がいるというだけで、ポーランド女性二人をめぐって、私達夫婦とよく似た「お人好し」と呼ばれるような人と新たに出会えたことが、最も嬉しいできごとだった。

 そう、まさしくこれは、「知らない人」が「知らない人達」を我が家へ連れてきた話だったのだから。




前の記事→初めて買ったレコード


MENU

ページのトップへ戻る