ようこそ。ムジカ工房&北村智恵のWebサイトへ。

ムジカ工房は、音楽教育家・北村智恵をサポートする、小さなアトリエです。
北村智恵ピアノ教室、コンサートの自主公演、ピアノ指導者セミナー開催等、行なっています。

ショパンへの道

第2回 2004/5/23(日)18:00~ ショパンとナショナリズム

ショパン:
 マズルカ  Mazurka
  ト長調、ヘ長調 op.68-3(遺作)、嬰ヘ短調 op.6-1、変ロ長調 op.7-1、
  イ短調 op.17-4、ト短調 op.24-1、ハ長調 op.24-2、ロ短調 op.33-4、
  イ短調 op.59-1、変イ長調 op.59-2、嬰ヘ短調 op.59-3
 ノクターン  Nocturn
  ロ長調 op.32-1、ハ短調 op.48-1、嬰ヘ短調 op.48-2
 ポロネーズ  Polonais 嬰ヘ短調 op.44

ゲスト 山上明美(やまがみ あけみ・ピアニスト)
第17回 全日本学生音楽コンクール第2位。第14回 文化放送音楽賞受賞。東京芸術大学付属高校卒業後、西ドイツ・ マンハイム国立音楽大学に留学。ジュネーブ国際音楽コンクールにおいてショパン賞受賞。同大学演奏家試験にて 最優秀で卒業。 田村宏、園田高弘、F.ヴューラー、N.マガロフの各氏に師事。 帰国後もたびたび渡欧し、G.アンダ、 G.パシャヘリ、R.スメジャンカ、M.クルチョの各氏に師事。 マンハイム・デビューリサイタル後、東京、名古屋、 大阪、北海道、九州、沖縄、ソウル、フランクフルト、デュッセルドルフなど世界各地でリサイタルを行い国際的に 活躍、好評を博す。 オーケストラでは日フィル、名フィル、新日フィル、京響、大阪フィル、関西フィル、大阪セン チュリー、大阪シンフォニカー、テレマン室内、モーツァルト室内、ワルシャワシンフォニア等との協演、また室内楽 においても安永徹氏率いる福岡アンサンブルコレーゲでも絶賛され、ターリヒ弦楽四重奏団、浦川宣也(Vn)、藤原浜雄 (Vn)、金昌国(Fl)、磯恒男(Vn)、関西では高橋満保子(Vn)、上村昇(Vc)などとの共演も注目された。サントリーホール 「ショパンピアノ曲全曲演奏会」、フェスティバルホール「花博コンサート」、NHK「FMリサイタル」等に出演し、積極 的に幅広く活躍。音楽クリティック・クラブ奨励賞、大阪文化祭賞受賞。 現在、神戸女学院大学教授、大阪音楽大学非常勤講師。




前の記事→第1回 2003/12/1(月)19:00~ 若き日のショパン
次の記事→第3回 2004/10/30(土)18:00~ 青春の光と影

MENU

ページのトップへ戻る