ようこそ。ムジカ工房&北村智恵のWebサイトへ。

ムジカ工房は、音楽教育家・北村智恵をサポートする、小さなアトリエです。
北村智恵ピアノ教室、コンサートの自主公演、ピアノ指導者セミナー開催等、行なっています。

2013年

2013年11月17日(日) シルバーエイジの今からピアニスト「第9回ピアノ発表会」

北村智恵ピアノ教室
シルバーエイジの今からピアニスト「第9回ピアノ発表会」

日時:11月17日(日)11:30開演(11:00開場)
会場:今村学園 高槻幼稚園 ホール
入場無料
主催:ムジカ工房

■11月17日、今年の「シルバー・エイジの今からピアニスト」の発表会を開催しました。第9回でしたが、2000年6月にNHKの「にんげんドキュメント」というテレビ番組で放映された第1回のときから数えて13年目です。初めの頃、毎年は開催できなかったのですが、近年、「後期」高齢者が増えてきたこともあって、このところ年に1回は開催するようにしています。最高齢は86歳の女性ですが、足腰に支障があり、2~3年前から歩行器を使用してレッスンに通って来られ、ペダルを使えないので、もっぱらバロック期の作品を弾いておられます。ピアノの椅子に座ってしまえば、腕や手、指はしっかり動くのですから、本番でも、強弱やタッチによるメリハリのはっきりした演奏をされ、子ども達や若い人達にも良いインパクトを与えて下さったと思います。全体を通して私が最も嬉しいと思ったことは、「継続は力なり」と言いますが、長く続けていたら「本当にうまくなるのだなぁ」ということです。初めて全員が、声部による音量・音質の弾き分けが出来ていました。楽譜に書かれている音を鍵盤に移すという作業ではなく、他の音に比べて、旋律を浮き立たせること――音の大きさ(音量)だけではなく音の明確さ(音質の違い)等、やっと全員出来るようになりました。妥協することなく、みくびることなく、求め続けてきて本当に良かったと心から思っています。
 「70代も後半になると、それまで出来ていた日常のことで、"だんだん出来なくなる"ことが増えてくるんですけど、ピアノだけは、やればやるほど、だんだん出来ることが増えますね、上手になりますね」と、あるシルバーさんが言われていたことを思い出します。  幼児も、「障がい」児・者も高齢者も、私はみくびっていません。どの人にも大きな希望があることを私は知っているからです。
 やさしい小品あり、エチュードあり、名曲の編曲ものあり、名曲のオリジナルあり、とプログラムは様ざまでしたが、とにかくホットで和やかな会でした。子ども達、若い人達、手伝ってくれてありがとう!
(by 北村智恵)




前の記事→2013年09月09日(月) ハーモニカの魅力「小さなオーケストラ」


MENU

ページのトップへ戻る