ようこそ。ムジカ工房&北村智恵のWebサイトへ。

ムジカ工房は、音楽教育家・北村智恵をサポートする、小さなアトリエです。
北村智恵ピアノ教室、コンサートの自主公演、ピアノ指導者セミナー開催等、行なっています。

2012年

2012年12月11日(火) 「ショパンへの道」vol.19(最終回)

 

北村智恵ショパン・ピアノ作品全曲レクチャーコンサート
「ショパンへの道」vol.19~落穂ひろい~

日時:12月11日(火)19:00 開演
会場:高槻市立総合市民交流センター8Fイベントホール
料金:前売3,000円/当日3,500円
チケット1枚につき、500円を、「東日本大震災」被災遺児のための義援金とさせて頂きます
主催:ムジカ工房

[出演]
高瀬佳子、清水道代、寿恵由希子、北 聖子、望月 優 (ピアノ)

[プログラム]
ショパン:
 エコセーズ
 葬送行進曲
 コントルダンス
 ラルゴ
 モデラート
 ギャロップ・マルキ
 ブーレ(以上、すべて遺作)
 ワルツ 3曲、マズルカ 6曲(遺作含む)
 プレリュード 変イ長調(遺作)、op.45
 ロンド op.5、op.16 など

■「ショパンへの道」ファイナル
 2010年を目途に生誕200年を記念して、2003年から始めましたこのショパン ピアノ作品全曲レクチャーコンサートシリーズでは、ショパンがピアノ以外に唯一愛していたチェロとの合わせものや、唯一の連弾曲等、日頃、一般のコンサートで耳にする機会の少ない(またはない)曲もプログラムに取り入れたことにより、このシリーズは、いつのまにか2010年をはるかに超えてしまいました。
 ファイナルを迎えます今回も、演奏される曲のほとんどが、一般のコンサートでは滅多に聴かれることのない曲、または、全く知られていない曲ばかりです。
 これまでは、過去18回にわたって、各回、テーマごと、もしくはカテゴリーごとに拾い上げた曲を多くお聴きいただきましたが、このたびお聴きいただく曲は、すべて、時間の関係で扱えなかったものや、それぞれのテーマ、カテゴリーに属さなかった曲の数かずです。
 いわば、ショパンの全ピアノ作品における"落穂ひろい"というわけです。
 そういう意味でも、ショパンの意外な面や、逆に作曲上の本質のようなものをも窺い知れるチャンスとも言えます。
 彼の生活上の様ざまな場面で書かれた小品から、最もポーランド人作曲家としてふさわしい大作まで、あるいは真作かどうか疑わしいとされる作品や、同ジャンルの有名作品のみが一人歩きしてその陰に隠れてしまった秀作も含め、ショパン作品の本質を再検討・再認識していただくことに繋がる内容です。
 「遺作」が多いことにおいても、幼少年期から晩年に至るまでショパンが常に自らの「芸術性」を高め、「音楽」の役割りや自分自身のアイデンティティを確かめるが如く書き続けた作品のあり方とその意味が、よく伝わるレクチャーコンサート「ショパンへの道」の最終回にしたいと思います。
(by 北村智恵)




前の記事→2012年08月31日(金) 「ショパンへの道」vol.18


MENU

ページのトップへ戻る