ようこそ。ムジカ工房&北村智恵のWebサイトへ。

ムジカ工房は、音楽教育家・北村智恵をサポートする、小さなアトリエです。
北村智恵ピアノ教室、コンサートの自主公演、ピアノ指導者セミナー開催等、行なっています。

2011年

2011年12月14日(水) 「ショパンへの道」vol.16

 

北村智恵ショパン・ピアノ作品全曲レクチャーコンサート
「ショパンへの道」vol.16~僕が僕であること「幻のショパン作品」~

日時:12月14日(水)19:00開演
会場:高槻市立総合市民交流センター8Fイベントホール
料金:前売3,000円/当日3,500円
チケット1枚につき、500円を、「東日本大震災」被災遺児のための義援金とさせて頂きます
主催:ムジカ工房

[出演]
岡本麻子(ピアノ)
※林佳勲、雨田真由美、高瀬佳子、清水道代、寿恵由希子、望月優
※「ヘクサメロン変奏曲」全曲演奏のため、6人のピアニストが友情出演します

[プログラム]
ショパン:ソナタ 第1番、第3番
「ヘクサメロン変奏曲」全曲
■幻の「ヘクサメロン変奏曲」全曲演奏
 時は1837年。ヨーロッパ中の大ピアニスト達が鎬を削っていた革新都市パリにて、ある一人の女性が、当時パリでも最も有名なヴィルトゥオーゾ(巨匠)と評されている6人のピアニストに、共通のテーマで作曲を依頼した。彼女はイタリアの公爵夫人で、パリに亡命しているイタリア難民救済のためのチャリティー・コンサートを計画してのことだった。
 依頼されたピアニストは、リスト、ショパン、タールベルク、ピクシス、エルツ、ツェルニーの6人で、それらを繋ぎ合わせた曲はギリシャ語で「ヘクサ(6つの)メロン(詩)変奏曲」と名付けられた。
 だが、当時もその後も演奏会の確実な記録はなく、174年経った今も、全曲通しての演奏は言うに及ばず、これらの曲の存在すらほとんど知られていない。この6人がいつ、どこで弾いたのか、そしてどんな曲なのか、今回の「幻のコンサート」の再現を、乞う御期待!
(by 北村智恵)




前の記事→2011年09月05日(月) 高瀬佳子 20周年記念ピアノリサイタル


MENU

ページのトップへ戻る